07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Taniku 日和☆

多肉植物を中心に暮らしの中で出会った素敵なモノ達、心に響いた出来事を気ままに綴っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

台湾 山間の美人湯☆烏来 

梅雨入りした台湾。
2日目は朝から雲行きが怪しかったので、温泉でゆるりと朝湯を楽しむことにしました。

 向かったのは、烏来。
台北からバス(849番)に乗り90分程。料金は45元でした。
バスが古いのか、運転が荒いのか(両方?!)、ガタゴト振動がすごかった(@_@;)。が、車内の電光掲示板には”安全運転してま~す”という文字が幾度となく流れていて・・ぷぷっと笑ってしまいました。

山道をくねくね上がり、着いたことろは豊かな緑に囲まれた山間の街でした。
川の色がとてもキレイなグリーン色。

                  ウーライ1

 バス停で降りて川沿いに進むと、橋を渡ったところにお店が立ち並ぶ通りがあります。お惣菜や、さつま芋の蜜汁煮、カットフルーツを売るお店、お土産物屋さん等々。まだ10時半ごろだったので、観光客はあまりいませんでした。   
               
                   ウーライ 老街
                      
 通りを抜けて又橋を渡り、トロッコ列車乗り場へ。
トロッコ到着駅からは、台湾名滝のひとつ、烏来の滝を見ることができます。
乗車時間は5分くらい。片道50元。

                ウーライ2

 列車は3両編成。ちっちゃくて、なんだか遊園地の乗り物みたい。
新緑の中をカタカタ走ります。とっても楽しめました。

                ウーライ トロッコ

 白糸の滝
台湾で最も長い滝だそうです。なかなか迫力がありました。

                     ウーライ 瀑布

 ロープウェイでさらに滝の上へ行くこともできるのですが、そうはせずに渓谷沿いを20分ほどゆるゆる下り、トロッコ乗り場(烏来駅)へ戻りました。

 ◆小川源温泉
 先ほどのお店が立ち並ぶストリートにあります。日帰り湯(300元)を利用しました。
大きなバスタオル2枚、タオル一枚、シャワーキャップ(台湾では浴槽につかる時、かぶらないといけない)とロッカーのカギを渡され脱衣場へ。
クアハウスっぽい感じで、大浴場にはジャグジーや、打たせ湯もありました。
お湯の温度も浴槽ごとに熱い、ほどほど、冷泉と分かれています。無色透明でやわらかなとっても気持ちの良いお湯。朝だったせいか、地元の人が10人程いらっしゃるくらいで空いており、ゆっくりできました。
 湯上りは、お肌がワントーン明るくなり、しっとり潤って一気にマイナス7歳肌に。思わず鏡に見入ってしまった^m^さすが美人湯と言われるだけありますぅ。

 *休憩室、お化粧ができる部屋は脱衣場にはなく、大浴場を横切った別の入り口を入ったところにあります。
ドライヤーもありました。
 こざっぱりと清潔な施設で、ひとりでも大丈夫。お勧めです(^o^)

 温泉でさっぱりした後、同じ通りにある”泰雅婆婆美食店”にてタイヤル族のお料理を頂きました。
烏来は、台湾の原住民の一つ、タイヤル族(泰雅族)の里なんです。

 店内の壁やテーブルには竹が使われ、民族調な音楽が雰囲気を醸し出していました。落ち着くわ~。

         ウーライ 食事処


 名物の竹筒飯
プレーンの他にいくつか種類があり、小豆入りのものをチョイス。60元
竹筒の中に棒状のご飯。小豆のほんのりした甘さがいい感じて、ご飯はもちもちと柔らかでした。

                  ウーライ 竹包ご飯

 ”中国山芋と肉のスープ(小)”というものもオーダー。100元

 アチアチのが出てきました。まさに作りたてって感じが嬉しい。
スープの中にはきれいな紫色の山芋がごろごろ入っていて、食感は日本の長芋に似てるかな。お肉は骨付(豚?)で、お肉というより骨って感じやったけど(笑)。クコのみも入って体に良さそう。
出汁の効いた塩味スープで美味しかったです。(小)となっていた割にはボリューミーだったな。標準サイズはどんななんだろ。

              ウーライ 中国山芋のスープ

 こちらのお店には、温泉水で入れたドリンクもありました。
そういえば、よくガイドに載っている素敵な茶芸館”紫藤廬(ツートンルー)”さんは、烏来の泉水でお茶を煎れておられるようです。味が引き立つんでしょうか。
 店頭にディスプレイしてあるお野菜は、好きに調理してもらえるようでした。イノシシのお料理や、エビの揚げ物なんかもあって、ビール片手にあれこれつまむのも楽しいかも。日本語メニューあり、です。

 帰りは同じ路線のバスに乗り、山を30分程下った途中のバス停”MRT新店”で下車。15元。
MRTに乗り換えて台北方面へ向かいました。

☆台北から烏来へのアクセス

 台北駅付近のバス停からバスが15分~20分おきに出ています。
バス停の場所は、「台湾のたびのしおり」さんのこちらのページに分かり易いガイドがあります♪バス停の表示に「烏来」とあるので、すぐ見つかると思います。
以前の料金は70元だったようですが、私が乗車した時は45元でした。

同じ路線のバスがMRT新店駅(新店駅から烏来までは山道を30分ほど)にも止まり、そこから乗ってくる人も結構いらっしゃいました。
座席数が限られているので、確実に座っていくなら台北からの乗車がお勧めで~す。運転荒いけど(笑)
      
スポンサーサイト

category: 旅とおさんぽ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://heavenlycolour.blog33.fc2.com/tb.php/240-ef266a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

最新記事

プロフィール

↓応援を有難うございます☆

メールフォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。