07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Taniku 日和☆

多肉植物を中心に暮らしの中で出会った素敵なモノ達、心に響いた出来事を気ままに綴っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

シェフのクッキン教室 

 プロのシェフが開催するお料理教室に行ってきました♪

教えて頂いたのは、
・抹茶のラビオリ リコッタチーズと鶏挽肉の詰め物 ほうれん草と生クリームのソース
・サルティンボッカ
・イチゴと桜風味のティラミス

見ただけでテンションがアガル↑内容です☆

 ラビオリを作ったのは人生初。
生地はノーマルなものと抹茶を混ぜ込んだもの2種を作り、最後にマーブル模様になるよう練り合わせます。
黄色と緑の色合いが春っぽかった♪パスタマシーンで、スルスル生地が伸びて薄くなりました。

 具材を詰めて切り分けて、あとは茹でるだけの状態。

                 メイキング抹茶のラビオリ

 サルティンボッカとは、仔牛肉に塩コショウを振り、ちぎったセージを散らし、生ハムで巻いてソテーするもの。肉on生ハム、素敵すぎる組合せ!
 お肉を焼いたフライパンで新じゃが・新玉ねぎも炒め、旨味エキスを残らず絡めとります。

 お肉はとても柔らか~。生ハムの塩気がとっても良いアクセントでした。


                 サンルティンボッカ

 完成したラビオリは、できたてのアツアツを頂きます!
つるんとした舌触りの生地はもちもちしていて、生クリームのソースがとろりと絡んで美味。

                          ラビオリ 生クリームのソース

 ティラミスは、ビスキュイに桜葉の塩漬けを練りこんで風味を出しています。
イチゴの形が残る程度に軽く煮たジャムは、マスカルポーネのクリームに混ぜ込み、エスプレッソを吸わせたふわふわのビスキュイにサンドして完成。

                        イチゴと桜のティラミス

 ワンドリンク付きとのことで、スパイス珈琲を煎れて頂きました。
ティラミスは、ふわっと薫る桜と滑らかなクリームに包まれたとろりとした食感の甘いイチゴがたまりません!
先生、これ美味しい~っ!と思わず叫びました(笑)

                  スパイスコーヒー

 さすがプロ直伝とあって、間違いのない内容でした。

 しかもこのクッキン教室は、場所・時間・レシピ・レッスンスタイル・金額等、全て私の希望をパーフェクトに満たしてくれる優れもの。
こんな都合の良い事ってあるんだぁ~、よく出会えたなぁってびっくりです。
 実は当初、別の教室に行く予定でそちらを楽しみにしていたのですが、見送りになったと連絡を受け、その直後にここの教室に出会ったんです!

 予定が突然キャンセルになったり、目当てのお店の予約が取れなかったり、欲しい物が手に入らなかったり・・自分の思っていた通りに運ばなくてガッカリって事、ありますよね。
 でも、それって他にもっと良いものがあるとか、行かなくて(手に入れなくて)良かったって理由があるのかもしれません。その時にはわからないけれど。

 そんな時、あぁそうなんだ、残念だけどまぁいっか♪ってさらりと受け取ると、別のラッキーな展開に恵まれることが多々あります。

 シェフのお料理教室、同じ授業料でプライベートレッスンを受けられる事になりました♪
次回は、大豆粉を使ったパンや、ニョッキに挑戦です。
 幸せな巡りあわせに感謝です!
          

 
スポンサーサイト

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://heavenlycolour.blog33.fc2.com/tb.php/234-057b3520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

最新記事

プロフィール

↓応援を有難うございます☆

メールフォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。